読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

東北サクラめぐり

しん&れいです。


ふだんはGWなど人の多い時期を避けて旅行する私たちですが、今年は弘前城の桜が見たいという双方の親を引き連れて、一泊二日で青森目指して走ってきました。
仙台に住んでいるなら、まずは松島。鹿児島県民にとっては東北というのは下手すると海外より遠いイメージがあるので、見れるところは全部見ようという作戦です。

松島は震災で津波被害を受けましたが、今ではその影響もぜんぜん見られず、観光客がいっぱいです。

宮城の名物、笹かまぼこをあぶって食べられるお店もありましたので、ついつい入ってしまいました。五大堂や瑞巌寺など名所を一通り周り、一日目の目的地の角館へGO!


高速道路も、ICを下りてからも思ったより混んでいなくて、ストレスなく到着しました。ちょうど開花宣言が出た日でしたが、有名な八重桜が通りいっぱいに咲き誇ってました。


桧木内川の堤防沿いは、えんえん桜並木が続いています。大河原の一目千本桜もきれいでしたが、より迫力がありますね。


武家屋敷のある通りの中は、人でいっぱい。アイスを食べながらそぞろ歩いてきました。


本日のお宿は、少し戻って花巻温泉の佳松園。ネットで人気が高かったので行ってみました。

このお宿は、大当たりでした! 

お料理は手が込んだものをたくさん楽しめましたし…、

ちなみに女性は浴衣も選べます。
特に温泉の泉質がとってもよくて、一回入っただけでお肌つるつる。れいは3回入ってました。


翌日は、今回の旅のメーンイベントである弘前城へ。
こちらも思ったほどの渋滞はなく、周辺の駐車場が混んでいたぐらいで、予定通り入城することができました。

さすがにベストシーズン。お城の周りはかなりの渋滞。どこに車を停めようかと思いましたが、公共の駐車場だけでなくて、付近の民家が駐車場を開放(有料ですが)しています。我々はお城の入り口のすぐ近くにうまく見つかり、ラッキーでした。


橋のうえから見えるお城。絶好の写真ポイントです。せっかくなので天守閣に上ってみましたが、天気がよくて気持ちいいですね。


遠くに雪を乗せた岩木山が見えます。きれいだなぁ。


満開の桜を上から見るのもいいですね。


前々日ぐらいから一気に開いていったようで、ちょうどいいタイミングで満開の桜を見ることができました。運に恵まれたおかげで、はるばる来た甲斐がありました! (ちなみに翌々日には大雨でした)


せっかく青森まで来たので、もう少し足を伸ばして青森市の「わらっせ」まで行ってみました。ここにはねぶた祭りで使われる山車が展示されています。

不思議な外観の建物でした。

なかには山車が何台もあって、迫力ありました。
その後、一気に仙台まで南下。バタバタの2日間でしたが、いい親孝行になったのでは?


この旅行にはおまけがついてました。
私たち二人ともついに花粉症を発症。旅行後に耳鼻科で検査を受けたら、しんはスギとヒノキ、れいはスギのアレルギーであることがわかりました。

来年のシーズンはどうなることやら…。