読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

ソンブーンが単位になるかも…タイ・バンコク3日目

しん&れいです。

バンコク旅行もあっという間に最終日になりました。

やっぱりおいしい朝ごはん。

 

f:id:shinrei4505:20170119083122j:plain

f:id:shinrei4505:20170119092059j:plain

体験していそうでしていなかった椰子の実ジュース。ついに飲む日が来ました♪

 

f:id:shinrei4505:20170119101730j:plain

ホテルのすぐ近くにある「エラワン・プーム」。霊験あらたかなパワースポットとして有名です。

 

f:id:shinrei4505:20170119101736j:plain

お供えもの価格表がありました。周りの道にはたくさんの花屋さんが並んでいます。

 

f:id:shinrei4505:20170119102024j:plain

マクドナルドのドナルドも「コップンカー」してます(「サワディカー」かもしれませんが。

今回のツアーには、モノレールの1日乗車券がついていたので、ちょっとだけ体験してみることにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170119102402j:plain

有人チケットカウンターで1日乗車券として刻印してもらう必要があります。

 

f:id:shinrei4505:20170119102634j:plain

使い方はスイカと一緒です。

 

f:id:shinrei4505:20170119102418j:plain

今回は使いませんでしたが、券売機はこんな感じ。

 

f:id:shinrei4505:20170119102816j:plain

一見すると窓がありませんが、車内からは外が見えます。日差しがきついから、こうなっているのでしょうか。

 

f:id:shinrei4505:20170119104044j:plain

特に目標はなかったので、スクンヴィット駅で降りて、最近できたらしいデパートに行ってみることに。

 

f:id:shinrei4505:20170119105741j:plain

ぶらぶら店内を見てまわりました。どどーんと人工の滝がありました。

ふたたびモノレールに乗り、今度はごちゃごちゃした感じが楽しそうなナーナー駅で降りてみました。

 

f:id:shinrei4505:20170119112059j:plain

それにしても、電線だか電話線だかのからまり具合がすさまじい…。アジア感が満載ですね。地元の人向けのごはん屋さんが開いていたり、あやしげな品物を売ってるお店があったりして面白いのですが、さすがにタイ語も使えない我々には敷居が高かったです。

早めのランチに行くことにしました。最後の食事は、ふたたびのソンブーン。昨日の失敗を繰り返したくないので、初日に行ったセントラル・エンバシーのお店へ。時間が早いせいか、それほど混んでいなくて、ささっと入れました。

 

f:id:shinrei4505:20170119115418j:plain

f:id:shinrei4505:20170119115734j:plain

冒険しない我々は、前回たのんだ2品と、

 

f:id:shinrei4505:20170119120233j:plain

気になっていた薩摩揚げを注文。どれもこれも、やはりおいしいのですよ…。というわけで、2ソンブーン。

今回はパッタイを単位にしようとしましたが、振り返ってみると、「ソンブーン」が単位になってしまいましたね。

 

帰国便が出るのは夜なのですが、ホテルのチェックアウトは15時。部屋に戻ってシャワーを浴びて、チェックアウトし、その後はラウンジで過ごさせてもらいました。

アフタヌーンティーはいかがですかとのお誘いに、おなかはいっぱいでしたが、れいは「甘いものだけ」とケーキの段のみいただきました。

 

f:id:shinrei4505:20170119173832j:plain

その後、カクテルタイムでもデザートや飲み物をいただいて、お迎えが来るのを待ちました。

 

f:id:shinrei4505:20170119205827j:plain

空港へ到着しました。

バンコク空港のJALサクララウンジは改装中とのことで、

 

f:id:shinrei4505:20170119212735j:plain

ほかのエアラインのラウンジを案内されました。しかし…、

 

f:id:shinrei4505:20170119213346j:plain

かなりの混みよう。食べ物はあっという間になくなるし、そもそも種類は少ないし、人が多くて寛げないし…で、失敗でした…。

 

f:id:shinrei4505:20170119230257j:plain

さて、帰りますよ。汗をかきたくないのですが、外を歩かされてしまい…。

 

f:id:shinrei4505:20170120001430j:plain

座席に座っても、ドアが開いてるので外から熱風が吹き込んできて…。

 

f:id:shinrei4505:20170120025049j:plain

短い滞在でしたが、選んだのは和食。

あっという間に関空につき、さらに乗り換えて鹿児島へ。

  

f:id:shinrei4505:20170120102625j:plain

鹿児島空港では、そば屋さんに入ってしまいました。タイ料理にやられた感じはありませんでしたが、ほっと一息……。

というわけで、短い日程でしたが、バンコクを満喫してきました。

おつかれさまでした。

 

パッタイ以外にも美味しいバンコクとベタな旅…タイ・バンコク2日目

しん&れいです。

タイ・バンコクは2日目。

インターコンチネンタル・バンコクは、朝食ブッフェの豪華さでも有名らしいです。

朝食はラウンジでも、ホテルのブッフェでも、どちらでもいいということだったので、ホテルのブッフェのほうに行ってきました。

 

f:id:shinrei4505:20170118081419j:plain

和洋中と料理の種類が多いのはもちろん、興味はあるけども飲めない露店の椰子の実ジュース、希望した野菜で作ってくれる生ジュースのスタンド、ヌードルバー、もちろんエッグスタンドもあり、全て見て回るだけでも大変でした。

 

f:id:shinrei4505:20170118114253j:plain

おなかがいっぱいになったので、午前中は近くのスーパーへお土産を探しに行ってみました。その後、おなかはすいていないのですが午後からの予定があるので、近くのモール「セントラル・ワールド」にあるレストラン街を歩き、見つけたタイ料理屋さんで軽めのランチにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170118123531j:plain

f:id:shinrei4505:20170118121136j:plain

バンコクでは卵で包んだパッタイがあると聞いて楽しみにしていました。ここのパッタイは、インターコンチのパッタイよりも美味しかったです。これで今回3パッタイ

 

f:id:shinrei4505:20170118121035j:plain

れいが注文したタイカレーはかなり本場の辛さ。4人でトライしても、ぜんぜん減りませんでした。おいしいんだけど、撃沈…。

 

さて、午後はVELTRAでアユタヤ遺跡のツアーを申し込んでいました。集合場所はホテルだったし、ラッキーなことにツアー参加者は我々4人だけ。かなりの自由がききそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118150504j:plain

バンコクに来たらまずはこれ。象乗り体験です。

 

f:id:shinrei4505:20170118150844j:plain

f:id:shinrei4505:20170118151014j:plain

乗る座席、狭いね…。ごろって落ちたりしないのかしら。

 

f:id:shinrei4505:20170118151115j:plain

えっちらおっちら歩き始めます。

 

f:id:shinrei4505:20170118151245j:plain

アユタヤの遺跡が見えてきました。

 

f:id:shinrei4505:20170118151433j:plain

乗っている時間は10分弱ですが、乗り心地が決してよいとは言えないのでドキドキしっぱなしで、けっこう疲れます(笑)。慣れると楽しいかもしれませんが…。

記念撮影をして、お土産物屋さんをのぞいて、アユタヤの遺跡へ向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170118154848j:plain

まずは「ワット・プラ・シー・サンペート」へ。1491年に完成したアユタヤ王室の寺院だそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118155249j:plain

あちこちでリスが跳びはねていました。

 

f:id:shinrei4505:20170118155457j:plain

水害のときはここまで水が来たそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118155645j:plain

この遺跡では3基の仏塔が現存しています。それぞれ王の遺骨が納められているそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118160521j:plain

残念ながら、本堂はほとんど原型が残っていません。どんな建物があったんでしょうね。

続いては「ワット・マハータート」へ。

 

f:id:shinrei4505:20170118162842j:plain

あちこちに、首のない仏像がたくさん残っています。アユタヤ王朝とビルマとの戦いの末に破壊されたようです。

そして、アユタヤ遺跡のめぐりのメインといっても過言ではないのが…

 

f:id:shinrei4505:20170118164332j:plain

菩提樹の根に包まれた仏像の頭部です。

 

f:id:shinrei4505:20170118164104j:plain

仏像より頭が高くならないようにして写真を撮るのがマナーだそうで、みんなでしゃがんで記念撮影しました。

 

f:id:shinrei4505:20170118164744j:plain

なお、ここの遺跡は大きな通り沿いにあるのですが、夜にライトアップしたときに首のない像があまりにも怖いとのことで、道路から見える像は頭部が修復されていました。

最後に涅槃像がある「ワット・ヤイ・チャイモンコン」へ。

 

f:id:shinrei4505:20170118172857j:plain

f:id:shinrei4505:20170118171120j:plain

バンコクの涅槃像と違って顔が白いですね。石垣島のおまわりさんを思い出したのはしんだけでしょうか…。

 

f:id:shinrei4505:20170118171422j:plain

ビルマの侵攻を食い止めたことを記念した塔は、高さ72メートル。

 

f:id:shinrei4505:20170118171549j:plain

遺跡巡りで疲れていましたが、棟の途中までがんばって登りました。階段が急すぎて、降りるのが怖かったです。

 

f:id:shinrei4505:20170118173542j:plain

ガイドさんにおやつを買ってもらいました。見た目以上においしかったです。

今夜もホテルのラウンジタイムははずせないと思っていたので、予定の時間よりも早めにアユタヤを出て、バンコクへ帰ることにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170118184545j:plain

が、ここでバンコク名物の大渋滞につかまってしまいました。寝ても寝てもたどり着かない…。行きは2時間強でバンコクからアユタヤについたのに、帰りは倍ぐらいかかりました。

それでもなんとか8時前にホテルに帰り着いたので、荷物を持ったままラウンジに行ってビールを飲み干し、食事に出かけました。

昨日のソンブーンが気に入った我々は、ホテルの近くにある「サイアム・スクエア」にある支店に行こうとしたのですが、つぶれたのか移転したのか見つからず。

時間もないので、タクシーに乗ってセントラル・エンバシーまで行こうとしたところ、タクシーの運転手さんが「ソンブーンなら知ってる」と言うじゃないですか。

そこに行ってもらおうとしたのですが、しんにはちょっと気がかりが…。

しんがスマホで調べて運転手さんにカタコト英語で聞いたところ、運転手さんはソンブーンの偽物として知られる「ソンブーン・ディー」に行こうとしていたのです。

運転手さんには別に悪気があった風ではありませんが、すぐにタクシーを降りて(渋滞にはまって動かなかったのも幸いしました)、このまえパッタイを食べた近くのショッピングモール「セントラル・ワールド」に行くことにしました。

もう遅い時間だったので、開いているかは賭けでした。

 

f:id:shinrei4505:20170118215049j:plain

開いている海鮮料理のお店に入りました。ラストオーダー間際ということで、メニューの写真を見ながらさっさと指さし注文。

 

f:id:shinrei4505:20170118212644j:plain

炒飯に、

 

f:id:shinrei4505:20170118212752j:plain

f:id:shinrei4505:20170118213207j:plain

エビやイカ、薩摩揚げなどを頼みましたが、この店は大当たりでした。ゆっくり食べたかったのですが、おなかはすいているし、時間も迫っているので、一気に食べてしまいました。あっと言うまいおなかいっぱい…。

酔っ払った我々は、れいの「アイスが食べたい」のひと言で、ホテル近くのイオンでアイスを購入。

 

f:id:shinrei4505:20170118224245j:plain

冒険しないれいは普通のアイスでしたが、しんは果敢にもドリアンのアイスをチョイス。おそるおそる食べてみましたが、思ったよりもくせがなく、濃いバニラアイスのようでした。これは食べられますね。

しかし、しん曰く、いつまでもおなかの底から、そこはかとなくドリアン臭が上がってきていたようです…。

  

 

 

 

パッタイが忘れられなくて再びのタイ…タイ・バンコク1日目

しん&れいです。

今年一回目の海外は、タイ・バンコクです。今回は、れいのお母さんと弟も一緒の4人での旅です。

れいがJALパックでビジネスクラス利用、ホテルではラウンジ利用可の安いツアーを見つけてくれました。プーケットですっかりパッタイにはまってしまった我々ですが、バンコクは初めてです。

 

f:id:shinrei4505:20170116162040j:plain

鹿児島空港に最近導入された新しいシミュレーターに挑戦してみました。なかなか難しですよ…。

というわけで、鹿児島から関西空港へ。新しくなったサクララウンジへ入ります。

 

f:id:shinrei4505:20170116215522j:plain

f:id:shinrei4505:20170116220422j:plain

成田にはもちろんかないませんが、ごはんやお酒の品揃えは十分です。

すでにできあがったおじさんのグループがちらほら。きっとバンコク便だろうな…。

 

f:id:shinrei4505:20170117003352j:plain

ビジネスクラスで出されるワインメニューはこちら。

 

f:id:shinrei4505:20170117011628j:plain

短めの空の旅ですが、しっかり楽しみますよ~!

 

f:id:shinrei4505:20170117052141j:plain

f:id:shinrei4505:20170117053626j:plain

 夜中に出発しましたが、お酒を飲んで、ご飯を食べて、ちょっとだけ寝ている間にバンコクへ到着してしまいました。

朝5時すぎにもかかわらず、当たり前ですがお迎えが来ていました。

すいている道路をどんどん走り、3連泊するインターコンチネンタルホテルバンコクへ。

f:id:shinrei4505:20170119125335j:plain

お部屋の準備はまだできていないとのことでしたが、ラウンジで朝食をどうぞ、ということだったので、甘えさせていただきました。

 

f:id:shinrei4505:20170117091734j:plain

f:id:shinrei4505:20170117090645j:plain

しんはここで1パッタイパッタイは単位です)。プーケットで食べたパッタイとはちょっと違って、味が濃かったかな…。

さて、ぼちぼち世の中も動き出してきたので、1階のロビーフロアのトイレでささっと着替えて、バンコクの街へ出かけました。まずは王宮へ向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170117104115j:plain

ラチャダムヌン・クラン通りを走ります。渋滞はそれほどでもありませんでしたが…、

 

f:id:shinrei4505:20170117085206j:plain

ラチャダムヌン・ナイ通りに入るところで、タクシーを止められてしまいました。王宮はまだ300~400メートル先ですが、先日、国王が亡くなったばかりで、かなり多くの国民が王宮近くにお葬式(?)のために集まっているのです。喪服を着た地元の人たちと一緒にてくてく歩くことに…。

 

f:id:shinrei4505:20170117090129j:plain

第一目標のワット・プラケーオが見えてきました。

 

f:id:shinrei4505:20170117090713j:plain

入り口をくぐると…、

 

f:id:shinrei4505:20170117095612j:plain

観光客でごった返していました。特に中国人だか韓国人だかが多い…。

 

f:id:shinrei4505:20170117095556j:plain

しかも入り口が参拝客の地元の人と観光客用は分かれていたうえ、チケットを買うブースがなかなか見つからず、とまどいました。

 

f:id:shinrei4505:20170117092304j:plain

なんとかチケットをゲット…。

 

f:id:shinrei4505:20170117092817j:plain

黄金色の塔は「プラ・シー・ラッタナー・チェディ」、手前は「プラサート・プラ・テープビドーン」……と書いても、絶対に覚えられませんね。それにしても人が多い…。

 

f:id:shinrei4505:20170117093307j:plain

こちらは「プラ・モンドップ」。造形が細かくてクラクラします。

 

f:id:shinrei4505:20170117093418j:plain

こちらが本堂(ウボーソット)。中に入れますが、靴も靴下もぬがないといけなさそうだったので、スルー。

 

f:id:shinrei4505:20170117093626j:plain

塔を支えている猿神の姿が面白いです。 

 

f:id:shinrei4505:20170117093857j:plain

仏塔が8本ありますが、こちらもさりげなく美しいです。

 

f:id:shinrei4505:20170117094545j:plain

モザイクのタイルがきれいですね。

 

f:id:shinrei4505:20170117095339j:plain

ワット・プラケーオを出ると、宮殿があります。現在も公式行事に使われているそうで。 

続いては、隣のワット・ポーに歩いて向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170117102125j:plain

こういう彫像を見ると、関羽ではないかと思ったり…。

 

f:id:shinrei4505:20170117102130j:plain

とりあえずFORIGNERに並べばいいのかな…。

人の流れに乗って進むと、どうやら靴を脱がないといけないようです。

 

f:id:shinrei4505:20170117103040j:plain

いきなりどーんと黄金の涅槃像。で、でかい! 全長46メートル、高さ15メートルあるそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170117103324j:plain

思いっきり扁平足の足裏には、仏教の世界観を示す108の図が螺鈿細工で彫られています。 

 

f:id:shinrei4505:20170117103544j:plain

煩悩を捨て、清らかなこころを取り戻すために、108個の鉢に108枚のコインをお供えしながら参拝しました。コインの枚数がアバウトなようで、途中でコインがなくなりましたが…ま、いいか。

 

f:id:shinrei4505:20170117104503j:plain

大寝釈迦仏のある本堂のほかにも、本堂や仏塔があります。

 

f:id:shinrei4505:20170117104920j:plain

ずらりと並んだ仏像の回廊も。

さぁてここからチャオプラヤ川の向こうのワット・アルンに行こうかと思いましたが、現在は修復中とのこと。寝不足なうえに歩き回って疲れた私たちは、ワット・アルンが正面に見えるレストランでランチを食べてお茶を濁すことに…。

 

f:id:shinrei4505:20170117120815j:plain

なかなか見つかりませんが、どうやらこの路地の先にあるかな…。

 

f:id:shinrei4505:20170117120349j:plain

ありました! 「デッキ」というお店です。

 

f:id:shinrei4505:20170117120420j:plain

日本語のメニューもありました。 

 

f:id:shinrei4505:20170117120303j:plain

 ワット・アルンが目の前です。

本当はテラス席で食べたほうが気持ちいいのでしょうが、ここはバンコク。暑いので、クーラーの効いた室内で食事をとることに。

 

f:id:shinrei4505:20170117111445j:plain

やはりビールはシンハーを飲まねば…。

 

f:id:shinrei4505:20170117112802j:plain

f:id:shinrei4505:20170117113012j:plain

ここで今回2パッタイトムヤムクンや春巻きも一緒に注文しました。お店の雰囲気もいいし、とてもおいしかったけど、時間が早かったせいか、ほかにお客さんはいませんでした。値段はちょっと高め。観光地価格なのは仕方ありませんな。

 

f:id:shinrei4505:20170117120932j:plain

周りのお店を冷やかした後、タクシーを拾って早めにホテルに帰り、ラウンジを堪能することにしました。

今回のお部屋は、早期予約で特典になっていたコーナークラブスイートルームにグレードアップ。

 

f:id:shinrei4505:20170117145520j:plain

f:id:shinrei4505:20170117145544j:plain

f:id:shinrei4505:20170117145610j:plain

広くて快適です! テーブルのうえにはウェルカムフルーツもありました。

さっそくラウンジへ行って、まずはアフタヌーンティータイムを過ごします。

 

f:id:shinrei4505:20170117153951j:plain

こちらのアフタヌーンティーはきちんとした3段トレイで運ばれてきます。紅茶と一緒にいただきました。大満足でした。

部屋に戻ってちょっとゆっくりした後、イブニングカクテルタイムのラウンジへ再び。

 

f:id:shinrei4505:20170117175339j:plain

おなかがいっぱいになるわけではないですが、きれいで質がいいおつまみがたくさん。

ドリンクはオーダー制ですが、シンハーはもちろん、スパークリングワインや赤白ワイン、ソフトドリンクと品揃えが充実。

しっかり楽しんだ後は、晩ごはんを食べに出かけます。ホテルの前の通りをちょっと歩いた先にあるセントラル・エンバシーに「ソンブーン」が入っているのを、事前にチェックしていました。カニのカレー炒め、プー・パッポン・カリーが有名なお店です。

 

f:id:shinrei4505:20170117193558j:plain

予約をしていなかった我々はしばらく待つことになりましたが(ラウンジで飲み食いしていたのでちょうどよかったのですが)、1時間ほどで店内へ…。

 

f:id:shinrei4505:20170117200408j:plain

お待ちかねのプー・パッポン・カリーが登場! 注文するときに「ヌア・プー・パッポン・カリー」と言っておいたので、殻がない状態で出てきてくれました。

 

f:id:shinrei4505:20170117200113j:plain

こちらは川エビのガーリック炒め。

カレーもエビもかなりいけます。さすがです。4人でライスを二つ頼んだのですが、足りなくなって追加してしまいました(笑)。おなかがいっぱいです。有名どころははずすことがありますが、ここはかなりお勧めです。できれば席の予約をしていたほうがいいでしょうけど。

 

f:id:shinrei4505:20170117204400j:plain

のんびりホテルに歩いて帰ります。ホテルが近いといいですね。

 

f:id:shinrei4505:20170117204718j:plain

それでも誘惑はそこかしこにありますが…。 

 

f:id:shinrei4505:20170117230357j:plain

部屋に戻って、日本から持ってきたシャブリで乾杯。バンコクの長い初日が終わりました。

エイドの誘惑とアップダウンに苦しむいぶすき菜の花マラソン……

しんです。

 

今日は今年最初のマラソン「いぶすき菜の花マラソン」です。

アップダウンがあってハードなコースだけども、私設エイドがかなり充実している大会と聞いています。練習時間が少なかったので、自己ベストを狙うのは難しいですが、とりあえず楽しんで走りたいと思います。

 

f:id:shinrei4505:20170108052804j:plain

ただいま午前5時半、鹿児島中央駅から指宿へ向かうランナーがちらほら。

前の電車が行った後をねらってホームに降りていきました。しばらくして入ってきた電車がガラガラで、早めに並んだこともあって座ることができました。その後、乗客はどんどん増えてきて、車内はぎっちりすし詰め状態。指宿までは2時間かかりますので、座れるか座れないかは体力温存のためには重要かと思います。

外は雨が降っています。はやくやんでくれないかな…。

 

f:id:shinrei4505:20170108072047j:plain

午前7時20分、指宿駅に到着しました。ホームからはみ出さんばかりのランナーです。

 

f:id:shinrei4505:20170108072906j:plain

スタート&ゴール会場までいくバスは、行列ができていました。バスはどんどん来たので、それほど待った感じはしませんでした。連れだってタクシーに乗っていく人も多かったですね。

 

スタート会場につくと、体育館のなかは着替えているランナーでいっぱい。外は雨が降っているので、みなさんが屋内で待機しているせいもあるでしょう。

サンシティホールのほうが空いていましたが、ここは土の地面。ベンチもいっぱいでしたが、なんとか場所を見つけて着替えました。小さくていいので、敷物を持ってきたらいいかもしれませんね。

 

なかなか雨がやんでくれません。

マラソン人生で初カッパか…と思っていたら、雲間から青い空が…。

 

f:id:shinrei4505:20170108083747j:plain

天佑というべきでしょうね。カッパを片付けて、スタートラインに並びます。

 

f:id:shinrei4505:20170108084713j:plain

かなりの数のランナーが集まっています。ゴールタイムごとに並ばない、と聞いていましたが、確かにごっちゃの「無法地帯」になっている感じです。

 

f:id:shinrei4505:20170108090914j:plain

午前9時にスタート。行ってきまーす。

それにしてもかなり混雑していて、ペースを上げられません。5キロまでのペースは8分前後。まぁ、のんびり行くつもりではありますが…。

 

f:id:shinrei4505:20170108094428j:plain

指宿の街のなかを過ぎて、だんだん山間の道に入ってきます。池田湖に向かって、だらだら上り坂が続きます。

 

f:id:shinrei4505:20170108103350j:plain

10キロを過ぎて、池田湖が見えてきました。

 

f:id:shinrei4505:20170108104033j:plain

池田湖畔では、菜の花が満開でした。大勢のランナーが立ち止まって写真を撮っていました。残念ながら開聞岳は曇って見えませんでしたが、それでもいい景色ですね!

 

f:id:shinrei4505:20170108110902j:plain

池田湖近くにあると聞いていた味噌汁ブースにも人がたくさん。そういえば豚汁が10キロぐらいにあると聞いていたけど、終わってしまったのか、見当たらなかったですね。

 

f:id:shinrei4505:20170108111529j:plain

雲に隠れていた開聞岳が、だんだん見えてきました。

 

f:id:shinrei4505:20170108114857j:plain

あったかいのが体にしみる…。 

 

f:id:shinrei4505:20170108120123j:plain

焼き鳥を出しているブースには、ランナーがたくさん並んでいました。あまりの多さにあきらめて先へ進みます。

 

それにしても、最初のだらだら坂が響いたのか、なかなか力が入りません。

スタートのときは小雨、その後は日差しが出てきて暑くなってきました。 温度調整が難しくて、じわじわダメージが来ている気がします。

ハーフまではなんとかがんばりましたが、24キロを過ぎたところでついに足が止まって歩き始めてしまいました。

こんなところでバテてしまうなんて、どうしたんだろう……。記録を目指していたわけではありませんが、こうなったらエイドをいろいろ楽しんでしまおう。

 

f:id:shinrei4505:20170108123741j:plain 

f:id:shinrei4505:20170108123751j:plain

ここは噂に聞くエイドだ…。鰹の腹皮がうまい…。

 

f:id:shinrei4505:20170108123830j:plain

「とっても薄い」焼酎らしいですが、怖くて手が出せず……。

 

f:id:shinrei4505:20170108124045j:plain

f:id:shinrei4505:20170108124114j:plain

足湯ブースもありました。ここに足を入れたら、再び走り出せる自信はないな…。

それにしても、せっかく菜の花マラソンに参加していて、ここで立ち止まらずにスルーできるランナーはなかなかいないでしょうね。誘惑が多すぎますよぅ。

 

f:id:shinrei4505:20170108124403j:plain

毎年、急坂の下にいて、「走らんかー」「走れー」とランナーを激しく励ましてくれるという有名な方です。竹刀が見えた気がしましたが、写真を見たら持ってませんね…。

ハイタッチをすると、この後の上り坂に向けて力になります!!

 

f:id:shinrei4505:20170108125835j:plain

朝とはうってかわってこの晴天。いい景色ですが、体力がどんどん奪われていく…。登りは歩いて、下りになれば走って、という感じで、なんとか前に進みます。

 

f:id:shinrei4505:20170108132740j:plain

海が見えてきました。下り坂でうれしい、と思いきや、この先には長いながーい登り坂が待っています。だれがこんなコースを考えやがった…と恨み節が………。

 

f:id:shinrei4505:20170108142823j:plain

温泉街に入ってきました。ここから先は平坦地が続きます。ふぅ。

 

f:id:shinrei4505:20170108145509j:plain

白水館まで来ると、ゴールが近いかな……はあはあはあ。

 

f:id:shinrei4505:20170108145816j:plain

もうすぐだ……。

 

f:id:shinrei4505:20170108150239j:plain

「6時間切れる!」の声援を力に、最後の力を振り絞ります。

 

f:id:shinrei4505:20170108150311j:plain

もう少しだ……と思ったら、帽子を風に飛ばされて数メートル逆戻りを強いられるなど(涙)。

 

f:id:shinrei4505:20170108150401j:plain

ようやくゴールしました!

残念ながら、自己ワーストの5時間54分23秒でした。なんとか6時間は切れましたが、初マラソンだったNAHAマラソン(5時間44分55秒)より遅いとは…。

 

沿道の応援は多く、私設エイドも充実していて、確かにお祭り感が楽しい大会ですが、聞いていたとおり、アップダウンがかなりきついコースでした。

3月には鹿児島マラソンがあります。このさんざんな結果から、どうやって立て直していくかな……。

明日はいぶすき菜の花マラソン、その前にスミレ発見

しんです。

 

あす1月8日は、いぶすき菜の花マラソンです。

あまり練習できていませんが、とりあえず大会前にひとっぱしり…。

 

f:id:shinrei4505:20170107101958j:plain

桜島のフェリー乗り場ちかくで、スミレが咲いているのを見つけました。まだ1月ですが、さすが鹿児島…。

 

午後からは指宿まで、下見を兼ねてゼッケンの受け取りに行ってきました。

 

f:id:shinrei4505:20170107153010j:plain

f:id:shinrei4505:20170107152657j:plain

思ったよりも混んでいなくて、あっさり終了。

きょうは車で来ましたが、明日は早朝から電車で来ます。

起きられるかしら…。

 

 

2016年も暮れていきますね

しん&れいです。

 

2016年もまもなく終わりますね。

f:id:shinrei4505:20161224144603j:plain

鹿児島に引っ越してきて約7カ月。桜島はほとんど噴火しませんでした。

その一方、仕事はあまりに忙しくて、まさにどとーの日々でした。しんは31日まで仕事。年明け2日から仕事始めです。

来年はもう少しゆっくりしたいなと思いますが、どうなることやら…。

 

みなさま、よいお年をお迎えください。

 

クリスマスは大人の雰囲気?で

しん&れいです。

 

今年のクリスマスケーキは、こちらです。

f:id:shinrei4505:20161224150714j:plain

山形屋で、城山観光ホテルのケーキを注文しました。知覧茶のケーキです。抹茶のムースがふわふわ。大人なチョイスでしたね。

 

f:id:shinrei4505:20161224170504j:plain

そしてイチゴとともにシャンパンで乾杯。れいが今年もチキンを焼いてくれました。

チキンを焼くのは日本だけ、ケンチキが始めた風習?だそうで…。日本には七面鳥はいませんからね。