読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

暑すぎて白すぎて…スペイン・ポルトガル旅行(6日目)

旅は6日目。スペインも終盤です。


ホテルから歩いてアルハンブラ宮殿へ。日中は暑いですが、早朝は涼しくて気持ちよいです。

宮殿の入り口は混雑してましたが、我々団体客は別のルートからスムーズに入りました。

宮殿のなかは、イスラムの精緻で美しい模様の飾りがあちこちにあって、とても見応えがあります。





宮殿から、夕べ夜遊びをしたアルバイシンが…(たぶん)。

イスラムの文化のようですが、オアシスを意識して、水や植栽をふんだんに取り入れているのが贅沢のようです。


お堀を越えて、ヘネラリーフェ庭園へ。


いったんバスは地中海沿いまで南下。マラガにはいります。


昼食は丘の上にあるパラドールで。



とても眺めが良くて、マラガの街が一望できました。その後、「白い街」として有名なミハスに向かいます。前回来たときは天気があまりよくなかったのですが、今回は快晴。期待大です!



白い街並みが続いています。



こちらは一番小さな闘牛場。



思い出のある小さな教会。


ミハスから、ふたたび内陸部へ戻ってセビージャへ。本日のお宿はボルムロフのベルティーチェ・アルハラフェ(VERTICE ALJARAFE)です。


新しくて、こぎれいなホテルです。




お部屋はとても広くて、ダイニング&キッチンに、ベッドルームがありました。
明日はもうポルトガルに入ります。今晩は、おとなしく休みます…。