読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

念願の縄文杉を目指して…屋久島2日目

しん&れいです。

 

屋久島の旅は2日目。今日は縄文杉を見に行きます。

 

f:id:shinrei4505:20170508042446j:plain

4時前に起きてホテルを出発します。見上げれば満天の星。しばらく見上げていたいけども、出発せねば…。

 

f:id:shinrei4505:20170508042819j:plain

SORAのすぐ近くに「中央」のバス停があります。バスは予定よりも早く来ることがあるらしいので、4時半には立っていたほうがいいようです。

 

f:id:shinrei4505:20170508043453j:plain

やはり数分早めにバスが到着。乗り遅れたらえらいことになりそうなので、時間には余裕があったほうがいいですね。

 

f:id:shinrei4505:20170508045048j:plain

屋久杉自然館には10分ほどで到着しました。すでに登山バスを待っている人の行列ができていました。座って朝ごはんを食べている人も…。

 

f:id:shinrei4505:20170508045919j:plain

午前5時発の荒川登山口までのバスは、補助席も使って満席に。乗れてよかった…。 

  

f:id:shinrei4505:20170508050324j:plain

みるみる空が明るくなってきました。

 

f:id:shinrei4505:20170508055056j:plain

35分ほどで荒川登山口に着きました。空も明るくなっていて、歩くのには問題なさそうですが…、

 

f:id:shinrei4505:20170508053733j:plain

ハラが減ってはなんとか、ということで、ホテルでもらった朝ごはんをいただきます。ゴミになるからオレンジはいらないと思いますが…。

 

f:id:shinrei4505:20170508055540j:plain

午前6時。いよいよ出発します!

 

f:id:shinrei4505:20170508055812j:plain

歩くのはトロッコ道。山の空気は澄んでいて、気持ちがいいです。

 

f:id:shinrei4505:20170508060905j:plain

朝からシャワーを浴びさせられました。もう目は覚めているって…。

それにしても、線路の枕木に足をひっかけそうになるので、勾配はほとんどないけども、歩くのが結構しんどいです。下をずっと見ていないといけないので、なかなか景色も楽しめません。

枕木をふみはずしたりすると足首をひねるので、やはりハイカットの登山靴をはいていたほうがいいですね。

 

f:id:shinrei4505:20170508062327j:plain

何度も川を渡るのですが、ところによってはちょっと怖い橋もあります。

 

f:id:shinrei4505:20170508064723j:plain

神社がありました。参道の階段の下から、登山の安全を祈ります。

 

f:id:shinrei4505:20170508064825j:plain

出発から45分ほどで小杉谷橋まで来ました。

 

f:id:shinrei4505:20170508064955j:plain

ここには以前、杉の伐採、搬出の最前線となる集落がありました。学校もあったそうです。

ここから先は、線路に板が張られているので、歩くのが格段に楽になりました。わずかに登り勾配があるぐらいなので、ずんずん歩いていきます。

 

f:id:shinrei4505:20170508072054j:plain

バイオトイレがありました。右が小林製薬、左は阪急交通が寄付をしたものだそうですが、れいによると、「阪急」のほうが使い勝手がよいらしい。

 

f:id:shinrei4505:20170508082700j:plain

出発から2時間半で、大株歩道入り口まで来ました。トロッコ道はここで終わり、本格的な山道に入っていきます。最後のバイオトイレです。ちゃんと用を済ませておきましょう。

 

f:id:shinrei4505:20170508083156j:plain

いきなりハシゴですか…。気合を入れて行きましょう。 

 

f:id:shinrei4505:20170508083910j:plain

大きな杉が次々と現れます。そのたびに「おぉ~」と見上げていましたが、だんだん見慣れていってしまい……。

トロッコ道はすいすい歩けましたが、山道はなかなかハード。木の板を張った階段もありますが、木の根っこに足をとられそうになりながら、手も使って斜面を這い上がっていくようなところが多いです。

今日は晴れていて問題ありませんでしたが、前日や当日が雨ならば、軍手があったほうがいいでしょうね。 

 

f:id:shinrei4505:20170508084832j:plain

翁杉。以前は立っていましたが、倒れてしまったそうです。こんなにでかいのが倒れるんだ…。古い杉が中が空洞になっていたりするので、案外弱いのでしょうか。

 

f:id:shinrei4505:20170508085124j:plain

こういうところばかりならいいのですが…。

 

f:id:shinrei4505:20170508085308j:plain

大株歩道入り口から20分ほどでウィルソン株まで来ました。中から上を見上げるとハートの形に見えるといいますが、いま一つよくわからない……。

 

f:id:shinrei4505:20170508090203j:plain

ちょっとたじろぐぐらい急な階段が続きます。帰りはけっこう怖そうですね…。

 

f:id:shinrei4505:20170508093608j:plain

大株歩道入り口から約1時間で大王杉まで来ました。縄文杉が見つかるまでは最大のものだったそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170508094209j:plain

大王杉から10分ほど行くと、夫婦杉がありました。2本の杉をつなぐ枝が見えます。どうやってつながったんでしょう…。

さらに20分ほど歩いて午前10時。出発から4時間で、ついに……、

 

f:id:shinrei4505:20170508100712j:plain

どどーんと、縄文杉に到着しました。

 

f:id:shinrei4505:20170508101119j:plain

これはでかい!

大王杉も大きかったけど、ぜんぜんでかい!!

展望デッキがあるのですが、その写真も撮り忘れるほどでかい!!!

真っ青な空の下、こんもりそびえる緑の山ですね、これは。。

ほかの登山客もほとんどいなかったので、二人でゆっくり眺めることができました。ベンチでもあったら、一日中座って見続けていたい…。

 

しかし、残念ながら我々はこれから同じ距離を歩いて帰らないといけません。この雄姿を網膜とデジカメにしっかり焼き付けて、縄文杉を後にしました。

 

f:id:shinrei4505:20170508113139j:plain

ウィルソン株まで戻ってお昼ごはんにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170508113125j:plain

我々が山に登るといったら、カップラーメンは欠かせません。むしろこれを食べるために登るといっても過言ではありません。 

 

f:id:shinrei4505:20170508115137j:plain

またウィルソン株の中に入ってみました。ほかの登山客が全然いなかったので、じっくり角度を変えてみて、ハートの形の写真を撮ることができました。 

 

f:id:shinrei4505:20170508121329j:plain

ウィルソン株から20分ほどで、大株歩道入り口まで戻ってきました。ふぅ、と息をついていると、そこには……、

 

f:id:shinrei4505:20170508121340j:plain

めったに走っていないというトロッコがいました!

このままトロッコ道を歩いていたら、後ろからどーんとはねられないかな…。後ろを気にしながら歩くことにしましょう。

 

そして、しばらく歩いていると、後ろから警笛が聞こえてきました。

ホントに来たーっ!

 

f:id:shinrei4505:20170508122545j:plain

と思ったら、手前で停車。ポイントで車両を転回させるようです。しばらく見ておこう…。落ち葉が積もってうまく切り替わらないようです。

 

f:id:shinrei4505:20170508122829j:plain

ゴトゴトいいながら動いている様子は、おもちゃみたいでかわいい。

 

f:id:shinrei4505:20170508125421j:plain

先に進みます。後ほどトロッコが再びやってきて、乗っていた営林署の方から「よい旅を!」と声をかけられました。乗せていってくれ~!

 

f:id:shinrei4505:20170508125836j:plain

栃木の日光のような杉並木のなかを、ずんずん歩いていきます。

 

f:id:shinrei4505:20170508133147j:plain

小杉谷を過ぎると、ついに木道が終了。名残惜しいわぁ……。でも、あと1時間かからずにゴールできるはず! 

 

f:id:shinrei4505:20170508141542j:plain

そして午後2時15分、荒川登山口に到着。8時間ちょっとで往復したことになります。つ、つかれた…。

二人で「炭酸飲みたい」と言っていたのですが、ここには自販機なし。がーん。

しかも、屋久杉自然館まで戻るバスは午後3時発。自然館に着くのは3時半。あと1時間はお預けなのか…orz

 

f:id:shinrei4505:20170508145110j:plain

こういうときはバスはしっかり定時です。10人ほどの登山客を乗せて、屋久杉自然館へ。

 

 

f:id:shinrei4505:20170508152234j:plain

それにしても、朝からずっと晴れてくれました。雲一つない空が気持ちいいですね。海の向こうには種子島が見えました。

 

f:id:shinrei4505:20170508153342j:plain

屋久杉自然館に到着しました。ここからさらに路線バスでホテルに帰ります。さぁてジュースを…と思いましたが、ここにも自販機はなし……orz。お金を払って自然館に入らないと買えないようです。

仕方ないのでホテル近くまでバスで戻り、見つけた自販機でコーラとファンタを買って、二人でがぶ飲みしました。 

 

f:id:shinrei4505:20170508195811j:plain

シャワーを浴びて、晩ごはんはホテルからすぐ近くの「かたぎりさん」へ。宮城から移住してきた方が最近オープンしたお店のようです。

 

f:id:shinrei4505:20170508185203j:plain

前菜とポテトをまず頼み…、

 

f:id:shinrei4505:20170508190252j:plain

飛び魚のパスタを二人でつまみ、

 

f:id:shinrei4505:20170508190057j:plain

サバ節とクリームチーズはワインに合いそうでしたが…、

 

f:id:shinrei4505:20170508185648j:plain

せっかく屋久島まで来たので、地元の焼酎をボトルで頼んで飲みました(さすがに飲みきれず、ホテルに持って帰りましたが)。

 

f:id:shinrei4505:20170508224603j:plain

ふと今日の歩数を確認したら、4万歩を超えていました。 

疲労でぐったり、おなかはいっぱい、お酒もたっぷり、朝早かったので眠気も…ということで、二人とも一気に寝入ってしまいました。