読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

何度でもエルグレコとパエリア…スペイン旅行6日目(マドリッド)

しん&れいです。


スペイン旅行は6日目。もうすぐ旅も終わりです。
午前中はマドリッド市内の観光。まずは定番のプラド美術館です。


いつのまにやら、館内は写真NGでした。というわけで、エントランスのみ…。
今日のガイドさんは美術に造形が深い方だったようで、説明がとても丁寧でわかりやすかったです。



スペイン広場でドンキホーテ像を見て、午後からは自由行動です。我々は現地ツアーを企画している「Alan1」のツアーでトレドに行く予定なのですが、まずは腹ごなしです。



 

スペイン広場の近く、グランヴィア通り沿いにあったお店で、またタパスです。ちょっとオリーブオイルにやられ気味ですが、これが一番早く食べられるので。生ハムのクリームコロッケがおいしかったです。

スペイン広場からちょっと歩いたところにあるホテル「ウサ・プリンセサ」でツアーバスと待ち合わせ。最後の観光地、トレドへ向かいます。



マドリッド―トレドのルートはこちら。



郊外の展望台から、街の全景が見えます。15世紀の建物がそのまま残っている風景は圧巻です。来て良かった!


 
 
街のなかは、どこを見ても絵になります…。



中心部にあるカテドラルに、テレビ局の記者たちが集まっていました。


 
内部の祭壇などは豪華で迫力があります。見学をしていると、テレビカメラが入ってきました…。



なかに大きな箱が運び込まれてきました。



出てきたのは、午前中にプラド美術館で見たエル・グレコの絵でした。たしかにプラド美術館で、修復された絵が一時的に飾られているとの説明でした。別の場所で2回も見るとは……ラッキー♪



サント・トメ教会。エル・グレコの傑作「オルガス伯爵の埋葬」が展示されています。写真はNG。



日が暮れてきました。次はここに泊まって、夜景を見たいですねぇ。



ちなみに高台にあるトレドの街は、エスカレーターを何段も乗り継いで上がってこれます。



郊外の高台で写真を撮ってから市内を散策して、移動ルートはこのようになりました。



象眼細工のお店を見学して、マドリッドに戻ります。
ツアーが発着しているウサ・プリンセサの近くには百貨店「エル・コルテ・イングレス」があったので、すこしお土産品を物色。その後、ソル駅を目指します。



ソルまでは地下鉄で。切符は自動券売機で買えます。人数や行く先を選ぶだけなので、操作は簡単です。



アルグエリェス駅からソル駅まではすぐでした。



エビがおいしそうな「カサ・デル・アブエロ」という店を目指していったのですが、カウンターで立って食べるところでした。ゆっくりゴハンにしたかったので、近くにあったこのお店に。パエリアがあったので…(笑)。



というわけで、スペイン最後の夕食もやっぱりパエリア(爆笑)。2人前なのに、ものすごい量が出てきました。結局、今回の旅行中、6回パエリアを食べました。いやはや……。



締めは甘いもので。れいのリクエストで、老舗の「チョコラテリア・サン・ヒネス」でチュロスとショコラをいただきます。



6本で一人分なんて信じられない量ですが、周りのみなさんは平然と召し上がってらっしゃいます。私たちは4人で一皿食べるので精一杯。でも揚げたてのチュロスにチョコレートを付けて食べるとこれは別腹! おいしかった〜。



帰りは地下鉄も体験し、今回の全旅程が終了しました!!!



わたしたち2人は、旅の仕上げに、残っていた2本のワインで乾杯! 明日は帰るぞー!