読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

陸から空から水際からのイグアスの滝!…南米旅行9日目(イグアス)

しん&れいです。


南米旅行は9日目。旅も大詰め、きょうはイグアスの滝を見に行きます。
起きてみると、雨は止んでいました! やはり強烈な晴れ男、晴れ女がいるのでしょうか。


まだ真っ暗な6時過ぎに朝食。こちらのホテルのビュッフェが一番品数が揃っていました。

朝から若干食べ過ぎた感はありますが、今日は15000歩ほど歩く予定なので、しっかり食べておかないとね。



まずアルゼンチン側の見学です。ブラジルとアルゼンチンの国境の橋の欄干は、中心でそれぞれの国旗の色に塗られていました。





税関を早く通過できたので、一番早い時間のトロッコ列車に乗ることができたようです。




列車に揺られること20分、奥の駅に到着。ここからは歩いて滝一番の景観を楽しめる、悪魔ののど笛を目指します。鉄の橋があまりにも貧相で、恐る恐る進みます。



15分ほど歩いたでしょうか、水しぶきが見えてきました!






「悪魔ののど笛」です。自分たちがどこに立っているか、考えると怖いですね。
風向きによっては、水しぶきで濡れる濡れる!! そんななかで、しんは必死に写真を撮っていました。



ハナグマがいました。あちこちで見かけます。帰りしなにワニも見つけました。




また別の角度から滝が見える場所に移動しました。でかいなぁ…。



森のなかを抜け…、



公園の入り口に戻って昼食です。



今日はシュラスコ(様々な肉の串焼き)を中心にしたビュッフェです。アルゼンチンはイタリア系移民が多いとのことで、料理もチーズたっぷりイタリアンなものが多かったです。串焼きはニンニクや唐辛子のソースがおいしかったです。



そうそう、こちらでは唯一生ビールが飲めました!



悪魔ののど笛まで往復したルートはこちら。



おなかがいっぱいになった後は、ふたたび橋を渡ってブラジルに戻り…、



お腹いっぱいになったあとは、オプショナルで申し込んだイグアスの滝のヘリコプター観光です。



われわれが乗るヘリが到着! いよいよです。



離陸しました。どこまでも森が続いています。



イグアスの滝の上空まで来ました。右へ左へと旋回が始まります。





すっごーい!! 滝というか、大地が割れているんですね! 空からみると、全体像がよくわかります。
おそるおそる乗り込んでみましたが、気持ち悪さよりも滝の絶景に圧倒されました!! すごいスケールです! 乗ってよかった〜!


10分ほどの空の旅でした。




上から前景を捉えたあとは、下から見上げてみよう、とのことで、ブラジル側からの見学をします。





遊歩道を歩きながら、すこしずつ滝に迫っていきます。





桟橋が見えますが、もしかしてあそこまで行けるのかな…?




滝のすぐ近くまで来ました。水量が多くて、すごい迫力です。ここから先は、カッパを着ていかないと、えらいことになりそうです。一眼レフのカメラはしまって、写真は小さいコンデジで撮ることにしました。



滝の水しぶきで、虹がかかりました。






風も強く、すさまじい水しぶきを浴びて、まるで台風中継です。カッパがなければ、ずぶ濡れになってたでしょうね。



遊歩道の突き当たりからエレベーターであがると、滝の上に出ました。すごいなぁ…。



観光はこれにて終了。バスに乗った直後、雨が降ってきました。結局、今回の旅では一度も傘を使いませんでした。
お土産屋さんでトイレ休憩をとって、空港へ向かいます。



ヘリでの遊覧飛行も含めた、お昼以降の移動ルートはこちらです。



夕食は和食弁当でした。すごいボリュームでしたが、味はしっかり日本してました!





リマに戻ります。機内でもらったビール(クスケーニャ)の缶には、「12角の石」が…。



イグアスからリマへ飛行機でひとっとび。




リマに到着。お宿は3度目のサンタクルーズ。ここは土地柄湿気っぽくて…なんだよね〜。まあ、今夜はホテル到着が0時過ぎ、明日のモーニングコールは4時なので、寝るだけだけどね。


あすはいよいよ、ペルーを離れます。長かったなぁ…。