読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

記念日は噂のお店に

しん&れいです。


きょうはれいの誕生日。おめでとう!!
というわけで、仙台でも有名なフレンチのお店「ナクレ」(http://nacree.jp/)にランチを食べに行ってきました。看板がないのでちょっとわかりにくいのですが、北目町の交差点からひとつ南にくだった信号機のところにあります。



まずは泡から。「ジョセフ・ペリエシャンパーニュ」が出てきました。暑いときに出てきたぶん、のどに染み渡ります。おかわりしてしまいましたwww。



ジャガイモのビシソワーズ。こちらも冷製なので、ほてった体にちょうどいいですね。



一緒に出てきたのは…、一瞬リンゴかな、と思いましたが、こちらはアンデスの品種のおイモだそうで。



ライムをしぼったアボカドの上に、カニをほぐしたもの。コリアンダーナンプラーも入ってると言っていましたが、ぜんぜん気にならず。こちらもさっぱりしていて、食欲をそそります。



こちらはちょっと焼いたイカにスライスしたカブ。ソースはモッツァレラ。チーズを合わせちゃうんですねぇ(ハーブの葉っぱの名前を失念しました…)。



ここからは白ワイン。ブラインドで出してもらいましたが…、ロワールのソーヴィニヨン・ブランでした。トゥーレーヌの「ポワン・ダルム2011」。キリッと冷えていて、さわやかなフルーツの味わいが引き立ちます。



金目鯛にオクラ。添えてあるクルミも合いますなぁ…(しみじみ)。



続いての白ワイン。ムルソーの「クロ・メ・シャヴォー2010」でした。ブラインドで全然わからないってのもどうしたもんか…。



続いて出てきたのは、なんとタマネギ。じっくり火を入れて料理されたもので、甘みがすごい。



最後の赤ワインは、ピノ・ノワール。さすがにブドウはわかったのですが、果実味は強いし、寝ているかのような色合いだし、どこの国だろう…と思っていたら、北海道・余市のワイナリー「ドメーヌ・タカヒコ(http://www.takahiko.co.jp/index.html)」の「ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール2011」でした。亜硫酸を添加せず、無濾過なのでこういうにごった色合いになるとのこと。余り出回らないらしく、こういうワインが飲めるお店っていいですね。


メーンはこちら。

私は宮城野ポーク。数時間かけてじっくり焼いたとのことで、あまりの旨みに感動です。



れいはホタテとエリンギ。こちらも火入れ加減が絶妙です。ワインとばっちり合います。



デザートもどどーんと4皿。マルカルポーネチーズのジェラート、エスプレッソのかき氷、チョコレートのタルト、栗のマドレーヌ。


お店の方とのおしゃべりも楽しく、豪華なランチを満喫しました。今度はぜひディナーに行きましょう!


さんざん飲んだのに、帰る途中にエノテカにつかまりました(笑)。

イタリアはサシカイヤのサードラベルのワインです。カベルネソービニオン70%とサンジョベーゼ30%でできているらしい。


バースデーケーキとともに。