しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

ディープな松島

しん&れいです。


人の多いG.W.はあまり動きたがらない私たちですが、今日はあまりにも天気が良かったので、近くの松島までさくっとお出かけすることにしました。ただ、目的は瑞巌寺ほか松島の名所ではありません。



これは、以前食べておいしかった牡蠣カレーパン。松島の市街地の「パンセ」というお店で販売しています。大渋滞のなか、れいが走ってお店に行って買ってきてくれた後は、観光地に目もくれずに渋滞の列のなかをUターン。これがゲットできれば、松島にはもう用がないのですよ。ばいばーい。
そして、いままでいた混雑を横目に、地元紙に載っていた場所へ向かいます!
その前に、小腹の空いていた私たちはカレーパンをあっという間に完食(笑)。牡蠣がたくさん入っていたので、せめて牡蠣一個分くらいのカロリー消費を目指して、お目当ての場所へ向かいました。



それがこちら、利府町の「馬の背」というところです。
…いやぁ、ディープ松島です。「背」の一番狭いところは、1メートルもありません。風がものすごく強い日で、渡るのはちょっと怖かったですが、イメージどおりの松島を満喫できました。でも、この場所はオススメです。


夜は牡蠣つながりで「オイスターハウスヤマト」へ。宮城産の牡蠣ばかりではないようですが、たくさんの牡蠣料理が楽しめます。


まず頼んだのは定番の生牡蠣。でっかい牡蠣をポン酢でいただきました。



その後、牡蠣フライや牡蠣のステーキ、牡蠣のお好み焼きなどを次々と注文。ワインは定番のシャブリではなく、ニュージーランドピノノワールを合わせました。

セラーを自由に出入りできて、好き勝手にワインを選べるシステムが良かったです。
ちょっと2人とも胃もたれしましたけど、いいお店でした♪