読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

九分と台北の「天空」へ…台湾旅行(3日目)

しん&れいです。


台湾旅行も3日目、きょうで観光は終わりです。
本日のメーンは、台北の郊外にある九分(本当は人へんに分)の観光です。きょうの天気予報は晴れ時々曇り。なかなかよさそうです。
午前10時にホテルを出発。いつもの隻連駅から地下鉄に乗り、台北駅で板南線に乗り換えて忠孝復興駅へ。事前に見ていたウェブでは、2番出口から出るとバスの乗り場が目の前、とあったのですが、実際は道向かいの1番出口から少し先にいったところに、九分行きのバス停がありました(2061番)。

そこにいたちょっと陽気なおじさんが「九分?」日本語で聞いてきたので、間違えずに済みました。時間が早いのか、あまり乗る人は多くありませんでした。
バスは悠遊カードが使えますが、とりあえず104台湾ドル(カードなら少し割り引かれる)。
途中立ち寄る松山駅あたりが混雑し、高速道路に乗ったそばから渋滞に巻き込まれてしまいましたが、それも長いことではなく、途中に瑞芳駅にも寄り、1時間半ほどで山の中にある九分に到着しました。それにしても、電車で行かなくてよかったかも。最寄りの瑞芳駅から九分に向かうバスが止まる場所が、駅からけっこう離れているようでした。バスから見たその場所だったら、見つけきれずにタクシーを拾ってたでしょう……。



バスが止まったところの目の前にセブンイレブンがあるのですが、そのわきにある狭い路地から、九分散策が始まります。

通りの両脇には臭豆腐や腸詰め、お茶などを出す食べ物やおみやげ物屋が軒を連ねています。途中のお店を冷やかしながら、そぞろ歩きました。
お目当ての一つだった九分茶房もすぐに見つけることができました。

このお店のなかを抜け、

階段をどんどん下りていくと…、


天空之城というお店があります。ここからの海の眺めがとってもきれい。

いっつも雨ばかりという九分で、きょうは雲が上がってくれました。やはり我々は晴れ男&晴れ女ですな。


450台湾ドルのランチを食べ、ゆっくりお茶を楽しみました。


このお店は観光客もあまり来ないし、日本語は通じるし、ホントにおすすめです。
九分でお茶屋といえば、阿妹茶酒館ですね。


宮崎駿の映画「千と千尋の神隠し」に出てきた世界観のモデルになったとも言われるところで、お店の中だけのぞいてきました。お茶は天空之城でいっぱいいただきましたんで。


お店の壁には、「千と〜」で出てくるカオナシという妖怪のモデルとも言われる不気味なお面もありました。


さて、人が多くなってくる前に帰りましょうかね。帰りのバスは、出発地点のセブンイレブンの向かい側のバス停から。九分の路地を抜けた先にもあるらしいですが。我々は同じところに戻ってきました。行きと同じ2061番のバスに午後2時に乗り、台北の忠孝復興駅には1時間半で着きました。



ここから市政府駅に移動し、東京スカイツリーができるまでは世界で一番高かった台北101に行ってみました。
のどもかわいたので、台北101の地下一階のフードコートでタピオカミルクティーとマンゴー緑茶でひといき。それにしても日本人が多いですね。さすがるるぶに紹介されると違う。
展望台のほうは、一人400台湾ドル。「曇っていて下は見えにくい」と日本語で教えてもらいましたが、せっかくなので上がってみました。世界最速というエレベーターはさすがに早い。

高さ391メートルの展望台から見る台北は、すこしけぶってはいましたが、きれいな夜景が楽しめました。外にも出られるけど、あんまり怖くはなかったです。

近くにある三越でおみやげ&ワインをゲットした後、一度ホテルに戻りました。ホテルでは有名だというパイナップルケーキ(270台湾ドル)をげっとー。悠遊カードは帰り着いた隻連駅のインフォメーションカウンターで返しましたが、デポジットも含めて190台湾ドルが返金されました。けっきょく一度もお金を追加せずに済みました。便利なカードでした。


台北最後の晩餐は、アンバサダーから歩いていける中山駅近くの三越8Fにある中華料理店「欣葉」にしました。

注文を忘れられるというトラブル(笑)もありましたが、ワタリガニのおこわ、麻婆豆腐、えびとパイナップル揚げ(パイナップルも揚げてある)、牛ヒレの炒め物、牡蠣のオムレツ(おすすめ!)に台湾ビールで、約2400台湾ドル也。かなり食べ過ぎて苦しくなりましたが、最後の夜をおいしく締めることができました。
ごちそうさまでしたー。


台湾での最後のワインは、フランス・グラーブの赤で。かんぱーい。


さて、明日は帰国です。
空港までのシャトルバスはホテルの前に停まるのですが、30分おきと言っているくせにいつ来るかわからない、というちょっと怖い状況。さて、我々は無事に日本で帰れるのか?!