読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

オーロラ撮影を目指して、三脚を買いました

しんです。


来月の北欧旅行のために、カメラの三脚を買いました。
大学生のときに鳥見のプロミナー用に安いSLIKを持っていたのですが、誰かに貸したまま私が卒業・就職してしまったので、手元になくなってしまいました。
今度の旅行ではオーロラを撮影したいと思っているので、しっかりした三脚を選ぼうと、ここ最近はカタログやネットを見ながらじっくり考えていました。
というわけで、候補を下の四つに絞りました。


1・SLIK スプリントPRO2 3WAY
2・ベルボン ULTRA LUXiL
3・SLIK カーボンマスター 724PRO(またはEX2。だけど、足にウレタンなし)
4・ベルボン カルマーニュG5300 


1、2は1キロちょっと。3、4は2キロ弱の重さ。1、2はとにかく軽く、たたんだときに小さくと機動性を重視したもの。カカクコムの評価などを見ていると、たとえ望遠レンズを取り付けなくても、風が吹くとコワイかも。
3はもうちょっとしっかりした作り。PROにしたのは、足にウレタンが巻いているためです。だって、冬に外で使うとなると、冷たいのはいやですもんね。自分で巻いている人もいらっしゃるみたいですが、私はそんなに器用じゃありませんので。
4は、星景写真を撮っている人が使っていたようなので、候補に入れてみました。


とりあえず実物を見ようと、新宿西口のヨドバシカメラに行ってきました。カメラ館の4Fにある三脚売り場に行くと、ずらっと並ぶ三脚の間で誰に言うともなしに、朗々とセールストークを語っている初老の店員さんが。これが噂に聞く「森先生」かぁ。
今日はトラベラーという三脚がお勧めのようでした。
足のたたみ方も面白いし(上に向かってすぼめる)、かなり軽いようですが、いかんせん価格がちょっと高いなぁ。
というわけで、724PROを見ていたら、森先生が話しかけてきました。724PROの話をすると、「こっちもいいよ」とお勧めしてくれたのが、ベルボン・カルマーニュG5400iii。
足にはウレタンも巻いているし、値段も少し安くなる。でも、724と比べると、身長180センチの私にはちょっと高さが足りない。かがみたくないし、あまりエレベーターも上げたくない。かといって5300にすると、たたんだときの長さが70センチ近くになる。それはちょっとなぁ……としばらく思案。

ほかの店員さんとも話をして、724PROに決めました。ちょっと安くしてもらったのも背中を押しましたね。ポイントも考えたら、5400とあまり変わらなくなりましたんで。

http://www.slik.co.jp/carbon-series/c_pro/4906752107577.html


というわけで、さっそく近くの駒沢公園に行って、遊んできました。本当はオリオン座とかをねらいたかったのですが、あいにく曇り空だったので、歩道橋の上から駒沢通りをねらいました。
手持ちでは長いシャッターは切れません。何も考えずにシャッターを切ると、まぁこんな感じになりますわね。

F値2.8、シャッタースピードは1/60秒。映るわけありませんね。


ここで三脚にカメラをつけて、シャッターを1秒にしますと……。

けっこう周りの様子が見えてきました。車のライトが流れてますね。


さらにシャッタースピードを30秒まで伸ばすと……、

ライトが光跡になりました(F値は22まで絞ってます)。よくある写真ですが、なんだかうれしいなぁ。三脚がないと、こういうのを撮るのは難しいですからね。
ちょっと風が出ていたのですが、全然ブレてませんでした。しっかりしたのを選んでよかったです。


この三脚を1回使ってみてわかりましたが、足をフルに伸ばしてカメラを取り付けてみると、結構高さがあります。つま先立ちしないと、カメラの上部が少し見えにくい。だったら5400でよかったんじゃないか……と、そんなことは言わないでね。買っちゃったんだから。
まぁ、全部足を全段きっちり伸ばさないといけないわけでもないし、ファインダーのなかにとりあえず欲しいデータはあるし(さすがにこれは見えている)。暗いために見えにくくもなっているので、手元を照らすものを準備しておこうかな。
十年ぶりに星も狙ってみたいと思っています。これからいろいろ欲しいものが出てきそうです。