読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

ホームステイに行ってきます、でもその前に…ニュージーランド(1日目)

しんです。


夏休みを使って、ニュージーランドまで行ってきました。今回は観光というよりも英語の勉強が目的で、滞在先もクライストチャーチの人のお宅。人生初のホームステイです。緊張するなぁ…。


ニュージーランド航空の便で、27日の夕方に成田を出発。今回はプレミアムエコノミーでしたが、普通のエコノミー価格でチケットを買えました。乗ってみると席が結構あいていて、窓際3列を独占しちゃいました。



オークランドが見えてきました。今回はここで乗り継ぎですが、あまり時間がないのでドキドキです。


バゲッジを取って、さっさとイミグレーションを通過しようとしたら、ターンテーブルのところで検査官らしき人に捕まってしまいました。「旅行の目的は?」「ここからどこかへ行くのか」などと、いろいろ聞かれるのですが、変なことを言って別室に連れて行かれると、乗り継ぎに間に合わない。英語も聞き取りにくいし、ちょっと焦りました。
このおいちゃんに解放されても、次は検疫を通らないといけません。ニュージーランドは食べ物の持ち込みがうるさく、あらかじめ持ち込んだお菓子とかみそ汁とか食品のリストを作っておいてよかったです。「FRISK(フリスク)」まで書いていたら、「このフリスクってのは何だ?」と突っ込まれてしまいましたが、とりあえずすぐに通してくれました。ほかの日本人らしき兄ちゃんは、登山靴の裏(土?)まで調べられていました。
宮崎で口蹄疫が発生し、専門家の人が「オーストラリアやニュージーランドは畜産業がさかんだから、検疫が厳しい。日本の検疫は甘すぎる。見習うべきだ」と言っていましたが、こういうことなんですね。(今回の口蹄疫ウイルスは、口蹄疫が発生している韓国から日本に持ち込まれたとも言われてますし)



空港ロビーに出てすぐ、ぐるっと巻き込むように左手に行くとトランジット客用に、バゲッジを預けるカウンターがあります。チェックインは成田で済ませてありますが、荷物はここで預けないといけません(時間がない場合は、国内線で預けられるようですが)。

空港ターミナルを出て、向いの歩道にあるバスストップから国内線に移動。クライストチャーチまでもう少しです。


というわけで、クライストチャーチに到着。

今回のホームステイは、「Sapporokiwis」さんに御願いしました。
(http://www.sapporokiwis.com/)

最近引っ越しをしたようですが、ご自宅はこんなところ。とりあえずこちらでの生活の注意やバスの乗り方を教えてもらいました。こちらでステイすることもできるのですが、私はあえてホームステイです。



私がお世話になるRobbさんのお宅。よろしくお願いします。



クライストチャーチの中心部までバスで行ってみました。カテドラルがいい感じ。中心部はこじんまりしていて、ぶらつくだけなら半日あれば回りきれそうです。
バスに乗るのは簡単でした(最初はドキドキだったけど)。
バスは3ドルほどの定額で、乗ったときに支払います。だいたいどこの国もそうですが、「次は○○」などとバス停のアナウンスをしてくれないので、降りる場所をしっかり見ておくことが大事ですね。街の中心部のバス・エクスチェンジはまず見落としませんけど。
どこに行くかは、バスの前面の番号でチェックです。