読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんとれいのワインな日々

健康に気をつけつつ、飲んだくれてます

あすはいよいよ鹿児島マラソン

しんです。

 

あすはいよいよ鹿児島マラソン。

髪を切りに行った後、ゼッケンを受け取りに行ってきました。

 

f:id:shinrei4505:20170304185148j:plain

今年のTシャツのデザインはこんな感じ。黒はカッコいいけど、私はその下の長袖も黒なんだよなぁ。明日の天気次第で、着ていくか考えます。

 

f:id:shinrei4505:20170304151519j:plain

カーボローディングも兼ねて(兼ねるのか? しかも適正体重よりオーバーしてるはずですが?!)、近所の「ビクター」でパンケーキを食べてきました。

うーむ、おいしい。れいのパフェまでいただきます。こちらもおいしい。

甘党でよかった…。

 

そして今晩はノンアルコールにして、本番を迎えます。

 

 

食いだおれるときは前のめりツアーのシメは、腹ぺこ&ゴーアラウンド×3…香港4日目

しん&れいです。

 

食いだおれツアーの予定していた(食べる)日程をすべてこなし、いよいよ帰国します。

しかし、旅はなかなか終わらなかったのです……。

 

f:id:shinrei4505:20170220070008j:plain

ホテルバスはあちこちのホテルを巡回しているため、自分のホテルに着く時間がはっきりわかりません。なので、ちょっと早めの朝7時、チェックアウトを済ませてホテルの玄関でバスを待ちます。上手い具合にバスが来て、九龍駅まで行くことができました。

 

f:id:shinrei4505:20170220071230j:plain

九龍駅です。

 

f:id:shinrei4505:20170220071400j:plain

香港市街地と空港を結んでいる香港エクスプレスは、飛行機のチェックインの90分前までならば九龍駅などでチェックインができ、荷物を駅で預けてしまうことができます。荷物を持たずに電車に乗ることができるので、かなり便利なシステムですね。

予定通り荷物を預け、空港に着きました。お土産をゲットした後、

 

f:id:shinrei4505:20170220085901j:plain

f:id:shinrei4505:20170220090133j:plain

残った香港ドルでなごりのエビ担々麺を食べ、今回市内で食べられなかったエッグタルトを機内でのおやつ用に買って、搭乗しました。

 

f:id:shinrei4505:20170220091745j:plain

さらば、香港。また来るでよ。

……とここまではよかったのですが、飛行機がなかなか出発しません。

普通ならば食事のスターターで配られるおつまみのあられや飲み物が配られたりしながら、ひたすら機内で待機。なんでも成田の天気が悪くて、着陸が許可されないとのことでした。

でも、こんなときに日系はいいですね。ひたすら映画を見続けていました。後ろにだれもいない最後尾の座席でしたし、たばこも吸わない我々はまったく苦にならず。

 

f:id:shinrei4505:20170220122257j:plain

搭乗から3時間。そしてやっと出発しました。成田から羽田に移動して鹿児島への便に乗り継がないといけないのですが、なんとかギリギリでしょうか…。

 

f:id:shinrei4505:20170220131915j:plain

機内食を食べて、映画を見て、あっという間に成田…のはずでしたが、

 

f:id:shinrei4505:20170220154603j:plain

悪天候で着陸できず。そこに見えているのに…。

 

f:id:shinrei4505:20170220163047j:plain

着陸を2回試みましたが、涙をのんで(?)のゴーアラウンド。そして三度降下したものの断念し、関西空港へ向かうことになってしまいました。やっぱり横風成分が問題だったんでしょうか(ハッピーフライト?)。

成田から羽田へ移動し、鹿児島便への乗り換えを予定していた我々はタイムアップ。延泊が決定しました。

 

f:id:shinrei4505:20170220165607j:plain

うーむ、そのまま鹿児島まで行ってくれませんかね。

 

f:id:shinrei4505:20170220180214j:plain

関西上空でもぐるんぐるん回った後に着陸。成田が降りられなかったので、ほかの機体もここに集まってきたんでしょうね。

関空で2時間ほど缶詰になっている間に、おなかがすいてきました。入国管理局の体温チェックの後、パンが配られましたが、これでは足りない!

そこで思い出したのです、大事にとってあったエッグタルトの存在を。

味わっていただきましたよ、香港の味。エッグタルトさまさまでした。

給油を終えた飛行機はあらためて成田へ向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170220201539j:plain

混んでいるのか、上空でまたまたぐるんぐるん旋回していましたが、なんとか着陸。

しかし、ここからがまた大変でした。

JALの地上係員から、明日の鹿児島便に振り替えができていること、ひとり1万5千円までの宿泊費を保証することの説明を受けました。

しかし、「ホテルは自分で取ってくれ」とのこと。

JAL以外の飛行機も一緒に遅延しているこんな日に、ホテルが取れるわけありません。

観光案内所ではホテルの電話番号一覧を手渡され、それをもとにかけてみましたが、成田空港近郊のホテルは全滅。なんとか京成成田駅近くの「リッチモンドホテル成田」が取れました。

空港からタクシーで向かおうとしましたが、長い列ができていて、しかもタクシーが来る気配はまったくなし。京成線の終電も迫っていたので、タクシーはあきらめて、ぎゅうぎゅう詰めの電車を選びました。

 

食いだおれツアーのはずだったのに、日本についたら食べる間もなく、おなかぺこぺこの我々。ラストオーダーギリギリだったリッチモンドホテルの1階のレストランに駆け込み、ワインや食事を頼めるだけ頼んで、一気に食べてしまいました。

 

f:id:shinrei4505:20170220232817j:plain

空腹もあったとはいえ、ここのレストランはサービスがとても感じがよく、食事もとてもおいしかったです。おみそれしました。

ワインも1本空けて、2人ともぐったり、ぐっすり……。

 

明けて21日。成田空港に向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170221070025j:plain

あちこちに、空港で夜明かしをした人の姿が…。ホテルが取れただけ、我々はまだましだったのかも……。

というか、君、そこで寝てたのかい。

 

f:id:shinrei4505:20170221094729j:plain

つくづく腹立たしくなるほど、快晴の羽田空港…。

 

f:id:shinrei4505:20170221121750j:plain

そして、あっさりと着いた快晴の鹿児島空港

いったい昨日の混乱はなんだったのでしょうか……。

しんが旅行翌日まで休みだったことと、旅行保険をかけていたので助かりました。

というわけで、今回も最後まで油断させてもらえない旅でした。これにて終了です。 

食いだおれるときは前のめりツアーは念願のあの店に再び…香港3日目

しん&れいです。

 

「食いだおれるときは前のめりツアー」はいきなり本日が最終日。なごりおしゅうございます。

f:id:shinrei4505:20170219090558j:plain

若干抑え気味にホテルで朝食を食べた後、ちょっとだけ観光に出ることにしました。香港も今回で3回目なので、メジャーどころは回っているのですけどね。

ホテルバスでカントン・ロードへ向かいます。通りを散策しながらビクトリア・ハーバーまで行き、

 

f:id:shinrei4505:20170219111837j:plain

オクトパスを使ってスターフェリーに乗って香港島へ渡りました。こんなときにオクトパスは便利ですね。

 

目指すランチは、香港駅にある「添好運」。ここもかなりわかりづらいところにありますが、去年も来ているので、なんなくクリア。

 

f:id:shinrei4505:20170219115957j:plain

f:id:shinrei4505:20170219125015j:plain

それにしてもちょうどお昼のいい時間だったからでしょうか、すごい行列です。それでも30分強で店内に入れました。

 

f:id:shinrei4505:20170219120246j:plain

注文のやり方は前と一緒ですね。色違いの2種類があるので要注意です。食べたいものをどんどん注文しましたが…、

 

f:id:shinrei4505:20170219122709j:plain

f:id:shinrei4505:20170219124422j:plain

やはりチャーシューメロンパンは絶対にはずせませんね。でも、我々は今、ここで食べ過ぎてはいけないのですよ……。

はらごなしのために、街をぶらぶらしていると…、

 

f:id:shinrei4505:20170219131540j:plain

f:id:shinrei4505:20170219134554j:plain

山頂にむかって伸びるエスカレーター(ヒルサイド・エスカレーター)を発見しました。しんは一番上までいきたさそうでしたが、くだりのエスカレーターはなさそうで、たぶん階段で降りてこないといけないとみた…ので途中までね。いったいこの上には何があるんだろう。

 

f:id:shinrei4505:20170219131850j:plain

あちこちに露店があって、ついつい立ち寄ってしまいます。

スーパーを見つけたので、お土産やワイン、格安の中華食材などを買い込み、ホテルへ戻ります。

 

f:id:shinrei4505:20170219165248j:plain

部屋ではスーパーで買ってきたマンゴーを切ってみたり…。

 

そうこうしている間に、時間が来ました。いよいよこれから、今回の食いだおれツアーの最大のイベントがあるのですよ。

 

f:id:shinrei4505:20170219183413j:plain

かつて知ったるラウンジで軽く飲んだ後、最初に香港に来たときに宿泊したインターコンチネンタルホテル香港へ(写真はブレブレですが…)。

あのとき訪れた「ヤントーヒン」のすばらしさが忘れられない我々は、今回の旅では唯一、ここだけは予約しておいたのでした。

レストランのスペシャリテは北京ダックで、ギリギリになって予約しようとしたところ、レストランのHP上は満席の状態。だめもとでJTBから予約依頼をかけてみたところ、JTB指定のコース料理なのですが、なんと席が取れたとの連絡が!

不思議でしたが、なにはともあれ、無事にこの日を迎えることができたのでした。

 

f:id:shinrei4505:20170219185326j:plain

ブレブレなのは緊張しているせいではなく、腕のせいです。

 

f:id:shinrei4505:20170219190351j:plain

f:id:shinrei4505:20170219191710j:plain

エビとツバメの巣のスープ。

 

f:id:shinrei4505:20170219193309j:plain

エビのミンチとカニ爪。

 

f:id:shinrei4505:20170219194645j:plain

カニとマッシュルーム。

 

f:id:shinrei4505:20170219195518j:plain

アワビ~♪

 

f:id:shinrei4505:20170219201135j:plain

チキンのXO醬炒め。

 

f:id:shinrei4505:20170219202007j:plain

前回来たときに目から鱗が落ちた炒飯。

 

f:id:shinrei4505:20170219205848j:plain

マンゴープリンも絶品です…。

 

f:id:shinrei4505:20170219205903j:plain

デザートはどれから食べればいいのだ…。

 

指定のコース料理でしたが、以前食べて感動した超ぱらぱら炒飯や、マンゴープリンといった王道メニューがそろっていて、だーーーーーーい満足。ワインリストは電話帳というよりも「鈍器」というべきサイズでびびりました。

やはり、我々のなかではベストオブ中華料理のお店ですね。

 

f:id:shinrei4505:20170219213409j:plain

ハーバービューのライトアップを眺めながら、海岸沿いをてくてく歩いてホテルに戻ります。

明日は日本に帰ります。うーむ、いい旅でした……。

食いだおれるときは前のめりツアーは朝から全開…香港2日目

しん&れいです。

 

それではいよいよ、食いだおれツアーin香港、始まりますよぉー。

 

f:id:shinrei4505:20170218080818j:plain

昨晩は遅かったので気づきませんでしたが、ホテルはけっこうきれいです。チェックアウトする前に、空港のフロアーに戻ります。

 

f:id:shinrei4505:20170218091931j:plain

目指すは昨日食べそびれた何洪記のエビワンタンと、CRYSTAL JADEの担々麺です。今日はしっかり開いていました。では、さっそく…。

 

f:id:shinrei4505:20170218082051j:plain

数年ぶりに食べたエビワンタン。朝いちなのに、胃にやさしくておいしい…。スープまで完食しました。

 

f:id:shinrei4505:20170218084152j:plain

f:id:shinrei4505:20170218084355j:plain

お店のすぐ隣にあるチケットブースでオクトパス(スイカみたいなICカード)を買って、何洪記のおとなりのCRYSTAL JADEへ。

 

f:id:shinrei4505:20170218084523j:plain

日本語メニューもあって楽ちんです。

 

f:id:shinrei4505:20170218085144j:plain

有名な担々麺。辛めです。

 

f:id:shinrei4505:20170218085505j:plain

香港の朝といえばおかゆですな。小籠包も頼んで、朝からおなかいっぱいに…。

 

f:id:shinrei4505:20170218104834j:plain

チェックアウトを済ませ、香港エクスプレスで街へ向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170218110816j:plain

九龍駅につきました。オクトパスで改札を抜けます。

 

f:id:shinrei4505:20170218110902j:plain

ホテルバスに乗ってホテルに向かいます。「FREE SHUTTLE BUS」の表示の沿って進むと、

 

f:id:shinrei4505:20170218111302j:plain

バス乗り場がありました。どのホテルに行くかによって、バスが異なります。

 

f:id:shinrei4505:20170218111245j:plain

何分おきにバスが来ると表示していましたが、ちょっと適当?

 

f:id:shinrei4505:20170218122004j:plain

路線番号ごとに待っているところも違うので、あまり迷わずにバスに乗れました。

ニューワールドミレニアム香港は路線の後ろのほうで、渋滞もあって15分ほどで到着。お部屋の準備はできていませんでしたが、荷物を預け、ラウンジでビールを飲んでからランチに出かけました。

向かったのは、ガイドブックで気になっていた「美心皇宮」。地下鉄で中環(セントラル)駅まで行き、J3出口から外に出て、歩いててくてく向かったのですが……、近くまで来ているはずなのに、どうしてもお店が見つかりません。

れいが、英語がわかってもらえそうな同世代ぐらいの女性にたずねると、なんと彼女も同じ場所に行くとのこと。ご一緒させていただきました。

 

f:id:shinrei4505:20170218150312j:plain

大通り(コンノート・ロード・セントラル)から入ると…、

 

f:id:shinrei4505:20170218150143j:plain

紀念花園を抜けた先にあるシティ・ホールの入り口から中に入り、

 

f:id:shinrei4505:20170218150050j:plain

エレベーターで2階に上がります(写真は階段が写ってますが、中2階?もあって、エレベーターのほうがわかりやすそうです)。

 

f:id:shinrei4505:20170218133431j:plain

予約をしていなかった我々は、お店の前で待つことに。

 

f:id:shinrei4505:20170218135705j:plain

番号札を機械で発券してもらいます。ガイドブックに載っているせいか、アジア人観光客が多かったですね。45分ほどで中に入れました。

 

f:id:shinrei4505:20170218141622j:plain

ここはワゴンスタイルの飲茶で有名なお店。おばさんが持ってきてくれるワゴンのなかをみながら、注文していきます。

f:id:shinrei4505:20170218141617j:plain

f:id:shinrei4505:20170218143051j:plain

f:id:shinrei4505:20170218144046j:plain

f:id:shinrei4505:20170218144916j:plain

2人で何せいろ食べたかわかりませんが、デザートのマンゴープリンまで食べて、満腹満腹…。

 

f:id:shinrei4505:20170218143533j:plain

値段は7千円ほど。お高めですが、店内はかなり混み合っています。

ラウンジのアフタヌーンティータイムが迫っているので、ホテルに戻ります。

 

f:id:shinrei4505:20170218154534j:plain

ラウンジからは、ビクトリア・ハーバーが一望できました。コーズウェイ・ベイ寄りですが…。

 

f:id:shinrei4505:20170218154446j:plain

青島ビールとともにケーキをつまんで休憩した後、お部屋に入りました。

 

f:id:shinrei4505:20170218160018j:plain

f:id:shinrei4505:20170218160114j:plain

f:id:shinrei4505:20170218160031j:plain

f:id:shinrei4505:20170218160048j:plain

広いでーーーす♪♪♪

 

f:id:shinrei4505:20170218160302j:plain

f:id:shinrei4505:20170218160309j:plain

眺めもハーバービューでーす。コーズウェイ・ベイ寄りですが(笑)。

さらにイブニングカクテルの時間になったので、ラウンジへ戻ります。

 

f:id:shinrei4505:20170218173158j:plain

チーズの種類がたくさんあるし、点心もあって、おなかにたまるお料理が多いですね。飲み物はオーダー制で、生ビール、スパークリングワイン、赤白ワインがそろっていました。

 

f:id:shinrei4505:20170218181334j:plain

f:id:shinrei4505:20170218190807j:plain

のんびり外を眺めている間に日が暮れて、ライトアップの時間になりました。

お昼をいっぱい食べてまだ胃はぱんぱんなのですが、香港で1食抜くのはもったいないですよね。ということで、おなかをこなすために駅まで10分ほど歩き、しんが目星をつけていたお店に向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170218202846j:plain

チムサーチョイ駅のA2出口から出てすぐのところにある「香港仔魚蛋粉」というお店です。

 

f:id:shinrei4505:20170218195917j:plain

f:id:shinrei4505:20170218195858j:plain

カジュアルな雰囲気で入りやすく、メニューには日本語も書いてありました。

 

f:id:shinrei4505:20170218201703j:plain

f:id:shinrei4505:20170218201320j:plain

炒飯もパラパラでおいしかったです。おいしかったけど、もうおなかがいっぱいすぎる…。

 

f:id:shinrei4505:20170218210435j:plain

ホテルに戻り、夜景を見ながら、明日にむけてゆっくり消化タイム……。 

 

 

 

 

 

 

 

食いだおれるときは前のめりツアーは、いきなりマック…香港1日目

しん&れいです。

 

マイルがたまっていたので、さくっと(笑)香港へ行くことにしました。

今回は成田発着。ホテルはいろいろ見た結果、半額のプロモーションを出していたニューワールドミレニアム香港(旧・日航香港)を予約。ラウンジアクセス付きのスイートルームです。

 

大雨のなか、マイカーで鹿児島空港へ。早く着いたのですが、雨がひどい。出発のときからぬれたくなかったので、空港を前をぐるりと1周して雨が少しでも収まるのを見計らって駐車場へ車を入れ、なんとかぬれずに済みました。

いま考えると今回の旅行、先行きがあやしいのはここから始まっていたのかもしれません…。

羽田空港を経由して無事に成田まで着きましたが、悪天候の影響で我々が乗る飛行機がまだ着いていないとのことで、チェックインが一時ストップしていました。

これまで何十回も海外に行っていますが、こういう経験は初めてです。

チェックインできない=荷物を預けられない、というわけで、大きな荷物を抱えたまま、とりあえずカードラウンジに向かいました。ビールとスパークリングワインをいただいて、再開の様子をうかがっていたのですが、どうもここにはアナウンスが聞こえてきそうもありません。またカウンターへ戻ってみると、ちょうど無事にチェックインが始まっていて、ほっと一息。

結局、離陸は1時間ほど遅れました。

この日は定刻であっても午後10時半すぎに香港に到着する予定だったので、われわれは空港から徒歩圏内のリーガルホテルを確保していました。

これが大正解でした。

結局、空港に着いたのは深夜0時すぎ。街まで出るにはタクシーか路線バスしかない状態だったので、市内のホテルだったらかなり不安だったと思います。

 

本当ならば、着いたその足で空港内に入っているお店でエビワンタンを食べるつもりでいましたが…、

f:id:shinrei4505:20170217230546j:plain

いかんせん真夜中ですでに閉店。開いているのはマックとセブンイレブンのみ。しかたがないので、小腹がすいていた我々は、マックでナゲットとポテトを買って、リーガルホテルへ向かいます。

 

ホテルは、入国して左手のほうに進むとすぐに「Regal Airport Hotel」の表示(案内板の右下の赤いところ)があります。

f:id:shinrei4505:20170218092721j:plain

写真は翌日に撮ったもので、ホテルが見えていますが、夜遅いとよくわかりません。

 

f:id:shinrei4505:20170218092755j:plain

突き当たって右の通路を進んでいくと、フロントに着きます。建物のなかを歩いていけるのはいいですね。 

 

f:id:shinrei4505:20170217232834j:plain

部屋の広さも十分。

 

f:id:shinrei4505:20170217234131j:plain

日本から持ってきたワインで乾杯しました。マックは思いの外、おいしかった…(そういえば、近くにマックがないので、最近は海外でしか行ってないなぁ…)。

 

ソンブーンが単位になるかも…タイ・バンコク3日目

しん&れいです。

バンコク旅行もあっという間に最終日になりました。

やっぱりおいしい朝ごはん。

 

f:id:shinrei4505:20170119083122j:plain

f:id:shinrei4505:20170119092059j:plain

体験していそうでしていなかった椰子の実ジュース。ついに飲む日が来ました♪

 

f:id:shinrei4505:20170119101730j:plain

ホテルのすぐ近くにある「エラワン・プーム」。霊験あらたかなパワースポットとして有名です。

 

f:id:shinrei4505:20170119101736j:plain

お供えもの価格表がありました。周りの道にはたくさんの花屋さんが並んでいます。

 

f:id:shinrei4505:20170119102024j:plain

マクドナルドのドナルドも「コップンカー」してます(「サワディカー」かもしれませんが。

今回のツアーには、モノレールの1日乗車券がついていたので、ちょっとだけ体験してみることにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170119102402j:plain

有人チケットカウンターで1日乗車券として刻印してもらう必要があります。

 

f:id:shinrei4505:20170119102634j:plain

使い方はスイカと一緒です。

 

f:id:shinrei4505:20170119102418j:plain

今回は使いませんでしたが、券売機はこんな感じ。

 

f:id:shinrei4505:20170119102816j:plain

一見すると窓がありませんが、車内からは外が見えます。日差しがきついから、こうなっているのでしょうか。

 

f:id:shinrei4505:20170119104044j:plain

特に目標はなかったので、スクンヴィット駅で降りて、最近できたらしいデパートに行ってみることに。

 

f:id:shinrei4505:20170119105741j:plain

ぶらぶら店内を見てまわりました。どどーんと人工の滝がありました。

ふたたびモノレールに乗り、今度はごちゃごちゃした感じが楽しそうなナーナー駅で降りてみました。

 

f:id:shinrei4505:20170119112059j:plain

それにしても、電線だか電話線だかのからまり具合がすさまじい…。アジア感が満載ですね。地元の人向けのごはん屋さんが開いていたり、あやしげな品物を売ってるお店があったりして面白いのですが、さすがにタイ語も使えない我々には敷居が高かったです。

早めのランチに行くことにしました。最後の食事は、ふたたびのソンブーン。昨日の失敗を繰り返したくないので、初日に行ったセントラル・エンバシーのお店へ。時間が早いせいか、それほど混んでいなくて、ささっと入れました。

 

f:id:shinrei4505:20170119115418j:plain

f:id:shinrei4505:20170119115734j:plain

冒険しない我々は、前回たのんだ2品と、

 

f:id:shinrei4505:20170119120233j:plain

気になっていた薩摩揚げを注文。どれもこれも、やはりおいしいのですよ…。というわけで、2ソンブーン。

今回はパッタイを単位にしようとしましたが、振り返ってみると、「ソンブーン」が単位になってしまいましたね。

 

帰国便が出るのは夜なのですが、ホテルのチェックアウトは15時。部屋に戻ってシャワーを浴びて、チェックアウトし、その後はラウンジで過ごさせてもらいました。

アフタヌーンティーはいかがですかとのお誘いに、おなかはいっぱいでしたが、れいは「甘いものだけ」とケーキの段のみいただきました。

 

f:id:shinrei4505:20170119173832j:plain

その後、カクテルタイムでもデザートや飲み物をいただいて、お迎えが来るのを待ちました。

 

f:id:shinrei4505:20170119205827j:plain

空港へ到着しました。

バンコク空港のJALサクララウンジは改装中とのことで、

 

f:id:shinrei4505:20170119212735j:plain

ほかのエアラインのラウンジを案内されました。しかし…、

 

f:id:shinrei4505:20170119213346j:plain

かなりの混みよう。食べ物はあっという間になくなるし、そもそも種類は少ないし、人が多くて寛げないし…で、失敗でした…。

 

f:id:shinrei4505:20170119230257j:plain

さて、帰りますよ。汗をかきたくないのですが、外を歩かされてしまい…。

 

f:id:shinrei4505:20170120001430j:plain

座席に座っても、ドアが開いてるので外から熱風が吹き込んできて…。

 

f:id:shinrei4505:20170120025049j:plain

短い滞在でしたが、選んだのは和食。

あっという間に関空につき、さらに乗り換えて鹿児島へ。

  

f:id:shinrei4505:20170120102625j:plain

鹿児島空港では、そば屋さんに入ってしまいました。タイ料理にやられた感じはありませんでしたが、ほっと一息……。

というわけで、短い日程でしたが、バンコクを満喫してきました。

おつかれさまでした。

 

パッタイ以外にも美味しいバンコクとベタな旅…タイ・バンコク2日目

しん&れいです。

タイ・バンコクは2日目。

インターコンチネンタル・バンコクは、朝食ブッフェの豪華さでも有名らしいです。

朝食はラウンジでも、ホテルのブッフェでも、どちらでもいいということだったので、ホテルのブッフェのほうに行ってきました。

 

f:id:shinrei4505:20170118081419j:plain

和洋中と料理の種類が多いのはもちろん、興味はあるけども飲めない露店の椰子の実ジュース、希望した野菜で作ってくれる生ジュースのスタンド、ヌードルバー、もちろんエッグスタンドもあり、全て見て回るだけでも大変でした。

 

f:id:shinrei4505:20170118114253j:plain

おなかがいっぱいになったので、午前中は近くのスーパーへお土産を探しに行ってみました。その後、おなかはすいていないのですが午後からの予定があるので、近くのモール「セントラル・ワールド」にあるレストラン街を歩き、見つけたタイ料理屋さんで軽めのランチにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170118123531j:plain

f:id:shinrei4505:20170118121136j:plain

バンコクでは卵で包んだパッタイがあると聞いて楽しみにしていました。ここのパッタイは、インターコンチのパッタイよりも美味しかったです。これで今回3パッタイ

 

f:id:shinrei4505:20170118121035j:plain

れいが注文したタイカレーはかなり本場の辛さ。4人でトライしても、ぜんぜん減りませんでした。おいしいんだけど、撃沈…。

 

さて、午後はVELTRAでアユタヤ遺跡のツアーを申し込んでいました。集合場所はホテルだったし、ラッキーなことにツアー参加者は我々4人だけ。かなりの自由がききそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118150504j:plain

バンコクに来たらまずはこれ。象乗り体験です。

 

f:id:shinrei4505:20170118150844j:plain

f:id:shinrei4505:20170118151014j:plain

乗る座席、狭いね…。ごろって落ちたりしないのかしら。

 

f:id:shinrei4505:20170118151115j:plain

えっちらおっちら歩き始めます。

 

f:id:shinrei4505:20170118151245j:plain

アユタヤの遺跡が見えてきました。

 

f:id:shinrei4505:20170118151433j:plain

乗っている時間は10分弱ですが、乗り心地が決してよいとは言えないのでドキドキしっぱなしで、けっこう疲れます(笑)。慣れると楽しいかもしれませんが…。

記念撮影をして、お土産物屋さんをのぞいて、アユタヤの遺跡へ向かいます。

 

f:id:shinrei4505:20170118154848j:plain

まずは「ワット・プラ・シー・サンペート」へ。1491年に完成したアユタヤ王室の寺院だそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118155249j:plain

あちこちでリスが跳びはねていました。

 

f:id:shinrei4505:20170118155457j:plain

水害のときはここまで水が来たそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118155645j:plain

この遺跡では3基の仏塔が現存しています。それぞれ王の遺骨が納められているそうです。

 

f:id:shinrei4505:20170118160521j:plain

残念ながら、本堂はほとんど原型が残っていません。どんな建物があったんでしょうね。

続いては「ワット・マハータート」へ。

 

f:id:shinrei4505:20170118162842j:plain

あちこちに、首のない仏像がたくさん残っています。アユタヤ王朝とビルマとの戦いの末に破壊されたようです。

そして、アユタヤ遺跡のめぐりのメインといっても過言ではないのが…

 

f:id:shinrei4505:20170118164332j:plain

菩提樹の根に包まれた仏像の頭部です。

 

f:id:shinrei4505:20170118164104j:plain

仏像より頭が高くならないようにして写真を撮るのがマナーだそうで、みんなでしゃがんで記念撮影しました。

 

f:id:shinrei4505:20170118164744j:plain

なお、ここの遺跡は大きな通り沿いにあるのですが、夜にライトアップしたときに首のない像があまりにも怖いとのことで、道路から見える像は頭部が修復されていました。

最後に涅槃像がある「ワット・ヤイ・チャイモンコン」へ。

 

f:id:shinrei4505:20170118172857j:plain

f:id:shinrei4505:20170118171120j:plain

バンコクの涅槃像と違って顔が白いですね。石垣島のおまわりさんを思い出したのはしんだけでしょうか…。

 

f:id:shinrei4505:20170118171422j:plain

ビルマの侵攻を食い止めたことを記念した塔は、高さ72メートル。

 

f:id:shinrei4505:20170118171549j:plain

遺跡巡りで疲れていましたが、棟の途中までがんばって登りました。階段が急すぎて、降りるのが怖かったです。

 

f:id:shinrei4505:20170118173542j:plain

ガイドさんにおやつを買ってもらいました。見た目以上においしかったです。

今夜もホテルのラウンジタイムははずせないと思っていたので、予定の時間よりも早めにアユタヤを出て、バンコクへ帰ることにしました。

 

f:id:shinrei4505:20170118184545j:plain

が、ここでバンコク名物の大渋滞につかまってしまいました。寝ても寝てもたどり着かない…。行きは2時間強でバンコクからアユタヤについたのに、帰りは倍ぐらいかかりました。

それでもなんとか8時前にホテルに帰り着いたので、荷物を持ったままラウンジに行ってビールを飲み干し、食事に出かけました。

昨日のソンブーンが気に入った我々は、ホテルの近くにある「サイアム・スクエア」にある支店に行こうとしたのですが、つぶれたのか移転したのか見つからず。

時間もないので、タクシーに乗ってセントラル・エンバシーまで行こうとしたところ、タクシーの運転手さんが「ソンブーンなら知ってる」と言うじゃないですか。

そこに行ってもらおうとしたのですが、しんにはちょっと気がかりが…。

しんがスマホで調べて運転手さんにカタコト英語で聞いたところ、運転手さんはソンブーンの偽物として知られる「ソンブーン・ディー」に行こうとしていたのです。

運転手さんには別に悪気があった風ではありませんが、すぐにタクシーを降りて(渋滞にはまって動かなかったのも幸いしました)、このまえパッタイを食べた近くのショッピングモール「セントラル・ワールド」に行くことにしました。

もう遅い時間だったので、開いているかは賭けでした。

 

f:id:shinrei4505:20170118215049j:plain

開いている海鮮料理のお店に入りました。ラストオーダー間際ということで、メニューの写真を見ながらさっさと指さし注文。

 

f:id:shinrei4505:20170118212644j:plain

炒飯に、

 

f:id:shinrei4505:20170118212752j:plain

f:id:shinrei4505:20170118213207j:plain

エビやイカ、薩摩揚げなどを頼みましたが、この店は大当たりでした。ゆっくり食べたかったのですが、おなかはすいているし、時間も迫っているので、一気に食べてしまいました。あっと言うまいおなかいっぱい…。

酔っ払った我々は、れいの「アイスが食べたい」のひと言で、ホテル近くのイオンでアイスを購入。

 

f:id:shinrei4505:20170118224245j:plain

冒険しないれいは普通のアイスでしたが、しんは果敢にもドリアンのアイスをチョイス。おそるおそる食べてみましたが、思ったよりもくせがなく、濃いバニラアイスのようでした。これは食べられますね。

しかし、しん曰く、いつまでもおなかの底から、そこはかとなくドリアン臭が上がってきていたようです…。